天気予報のアプリは便利!

生活

1日の天気は生活をする上でかなり大事なる。脳性麻痺の身体障がいがって電動車いすで生活をしている僕にとっては、天気予報はかなり重要だ。

雨が降ったら移動をするときに濡れたりする。学生時代天気予報なんてものは、あまり気にしたことがなかった。でも卒業をしてから、タクシーを頼んで出かける機会もあったりする。そうすると、出かける日の天気はかなり気にする。テレビの週間天気予報だと放送時間まで待たないとわからなかったりする。それで、結構便利なのが、アプリの天気予報だ。自分の知りたいときに出かける予定の日の天気予報をしることがきる。ただ、あたりまえだけど、予報なので、変わることやはつれてしまうこともやっぱりある。それは仕方のないことである。

「スポンサーリンク」



 ただ、心の準備をすることができる。天気予報だけではないけど、身近な情報を知るのにはアプリが便利だ。

 おしまい。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

生活
毛布とヒーターがお友達

ここ数日のマイナス気温が最低気温だ。タイトルにも書いたけど、毛布とヒーターがお友達の状態だ。足の指先 …

生活
白くなったりもとに戻ったりの繰り返し

きょう、鳥取市では雪が降ったりやんだりしていた。ふりだしたと思ったら、やんでいた。その影響で道路が白 …

脳性麻痺
僕の右手

僕の右手は、使いにくい手だ。脳性麻痺の障がいの関係のためだ。右手は、ほぼグーのままだ。パーにするのも …