Bリーグ「島根スサノオマジック」の開幕節の結果!

Bリーグ

僕の応援している「島根スサノオマジック」の開幕戦が9月30日と10月1日の2日間あった。記念すべき1部リーグでの初戦の相手は、「新潟アルビレックスBB」だった。開幕は、アウェイ、つまり新潟での試合となった。2試合ともスポナビライブで観た。
先に結果をいうと、2試合とも負けた。 1試合目は、出だしは、調子よくシュートもよく決まっていた。特に新しい外国人選手のジョシュ・スコット選手も活躍していた。途中まで試合をリードしていた。でも、新潟も黙ってはいなかった。ダバンテ・ガードナーがかなり頑張ってシュートを決めていた。そうすると、そのほかの選手もそれに刺激されて、どんどんとシュートが決まり、点差が詰まっていって、そして逆転を許して、そして最終的に島根が82対75で負けた。

 そして2試合目10月1日日曜日。この日は新潟がディフェンスを修正していて、ジョシュ・スコット選手をダブルチームなどで止めるなどして、島根の得点源を完ぺきに封じていた。インサイドがだめなら、アウトサイドからスリーポイントシュートを狙うけど、シュートのタッチが悪くて、入らなかった。反対に新潟はシュートのタッチがすごく良くてバシバシとシュートが入って島根を大量リード。総合的に新潟のほうが上だった。島根は、ヘッドコーチも選手も入れ変わった。一方の新潟のほうは、ヘッドコーチも選手もほぼ変わっていない。選手間のコミュニケーションは取れていたように思えた。 そして新潟に今年からスリーポイントシュータの城宝匡史(じょうほう・まさし)選手が移籍していた。1日の試合は城宝選手がいきおいづいてスリーポイントシュートもかなり決まった。なので、87対55という大差で負けてしまった。

「スポンサーリンク」



開幕戦という硬さがあったのかなと思った。リードした状態を40分間維持するのは、難しいなあと思った。ディフェンス力も必要だし、オフェンス力も必要だと思った、特に日本人選手の。

次の試合は、ホーム開幕戦だ。なんといきなり初代Bリーグ優勝チーム「栃木ブレックス」との対戦する。どこまでやれるか楽しみだ。

おしまい。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bリーグ
島根スサノオマジック対レバンガ北海道第2戦

島根スサノオマジック対レバンガ北海道第2戦が行われた。島根スサノオマジックに連勝してほしいと思いなが …

Bリーグ
Bリーグ島根スサノオマジック対レバンガ北海道

日本のプロバスケットボールリーグのBリーグきょうは、島根スサノオマジックのホーム戦レバンガ北海道を松 …

Bリーグ
島根スサノオマジック 連勝は難しい

2017年10月14日土曜日と2017年10月15日 日曜日に大阪エヴェッサと対戦した島根スサノオマ …