脳性麻痺にはハンズフリーは便利

ハンズフリーとは?

手が自由という意味だ、そのままだけど。ハンズフリーは主に電話での通話のときによく聞く言葉だ。電話の受話器を耳に当てずにスピーカーで話をすることができる。脳性麻痺の障がいがある僕はよくハンズフリー、スピーカーを使っている。

脳性麻痺には便利なハンズフリー!

脳性麻痺の身体障がいがある僕には、iPhone・アイフォンを耳に当てて長く話すことが難しい。そのようなときに便利で役に立つのがこのハンズフリーだ。アイフォンを耳に当てなくても話すことができる。ただこのハンズフリーは使うことができる場所が限定をされてしまう。それはなぜかというと、ハンズフリーはスピーカーなので、電話で話している声が周りに丸聞こえになってしまう。それに周りのいろいろな音も相手にも聞こえてしまう。スピーカーなので当たり前といえばそうなんなんど。そういう意味から考えても、完全なプライベートのところでじゃないとハンズフリーは使いにくい。

「スポンサーリンク」



僕もハンズフリーをよく使っているけれど、主に使っているのは、自宅の自宅から使っている。場所は限られるけれど、アイフォンを耳に当てなくても話すことができるのはかなり筋緊張の面からいってもかなり楽だ。
おしまい。

送料無料 カナル型イヤホン 約1.1m 断線しにくい イヤホン カナルイヤホン iPhone スマホ カナル リモコン ハンズフリー かわいい カナル型 イヤフォン ER-BDEP ★500円 ポッキリ 送料無料

価格:500円
(2018/3/10 08:41時点)
感想(122件)

コメントを残す