バスケットボール2「島根スサノオマジック富山グラウジーズ破れ残留できず」

バスケットボール2「島根スサノオマジック富山グラウジーズ破れ残留できず」
上の写真は、試合の写真です。

 Bリーグも今月でシーズンが終わります。上位のチームのほうでは、CS(チャンピオンシップシリーズ)進出をかけた戦いが繰り広げられています。今年は千葉ジェッツがかなり調子がよさそうなので、優勝してほしいなと思っています。まだわかりませんが。

その一方下位チームの方では、1部に残留できるか、2部に降格してしまうかという、戦いが繰り広げられています。僕の応援している「島根スサノオマジック」が1部残留プレイオフで富山グラウジーズと対戦しました。富山グラウジーズに勝つことができれば、1部に残留が決まるので、12日土曜日、13日日曜日の2日間、DAZNの配信で観ていました。12日の土曜日は、いいときのスサノオマジックの動き、スリーポイント、ミドルシュートがよく入り、オフェンスリバウンド、ディフェンスリバウンド取れる。というふうな動きで終始、島根スサノオマジックがリードをして、勝ちました。

 

13日日曜日、この試合に勝つことができれば1部に残留ができるので、土曜日の試合よりも緊張をしながら観ていました。そんな僕の緊張感が伝わってしまったのか、土曜日の試合の動きとまったく反対にシュートは入らず、リバウンドは取ることはできない、リードすることはできない、終始追いかけるという試合展開で、結局負けてしまいました。どのようなスポーツもそうかもしれいですけど、2試合とも同じような展開になることは少ないですね。

そして1勝1敗になったので、残留の決定の条件が2勝をするということで、13日に前後半5分ずつの計10分の第3試合が行われました。この第3試合に勝ってくれと願いながら観ていました。でも、僕の願いは届くことなく、第3試合も負けてしまいました。第2試合の勢いそのままというような試合展開でした。

それでその結果富山グラウジーズ2勝1敗、島根スサノオマジック、1勝2敗となり、島根スサノオマジックの2部降格が決まってしまいました。いやあ、非常に悔しいです。1部の壁というのか、なんというか、レベルの違いがあることはわかっていたけど、島根スサノオマジックが所属する西地区は、前のbjリーグで対戦したことがあるチームが大半だったので、西地区で上位にいられなかったのが痛いのと、二十数連敗があったのも痛かったです。でも結果は、結果なので、来シーズンは2部で頑張ってもらいたいと思います。

「スポンサードリンク」


おしまい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください