効いていないようで効いている筋弛緩剤

僕が普段飲んでいる筋弛緩剤。脳性麻痺の筋緊張を緩めるため、飲んでいる。この筋弛緩剤を飲み始めて十数年になる。少し薬に頼りすぎているかなと感じていた。薬が減ってなくなりそうなのが、不安なので、切らすことなく早めにもらっていた。でも、今回初めて早めに薬をもらわずに、薬を飲まずに数日過ごしてみた。その結果は、筋緊張が強くなった。トイレに行くとき、ベッドへの移動、生活の中で一番、筋緊張が強くなるといってもいい。十数年薬を飲み続けていると、薬の効き目、効果をあんまり感じなくなっていた。でも、今回数日飲まなかっただけで、体の筋緊張はすごく強くなって、疲れてしまった。知らず知らずの間に筋弛緩剤を飲まないといけない体になっていたことを、今回の体験で改めて感じた。
おしまい。
「スポンサーリンク」



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください