日記7「疲労」

ひろうの文字

2018年3月28日 日記7「疲労」

「スポンサードリンク」



脳性麻痺の障がいがあると、健常者の人に比べて、筋緊張が強い分は疲労は溜まりやすいものです。それに加えて自分一人ではできないこともたくさんあります。介助が必要な部分が多いのも僕にとっては、ある意味では疲労感とも言えるでしょう。そういう意味から考えると、僕の思っている疲労というのは、僕が生きている間は、一生続くんだろうなと思っています。何か楽しめることを見つけないといけないと思っている、最近です。

「疲れがとれないときは「紅珠漢 こうじゅかん」

おしまい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください