AppeWatchのアプリ一覧表示切り替え方法

アップルウォッチのアプリシスト表示の写真

僕がほぼ毎日つけて使っているapplewatch series3・アップルウォッチ・シリーズ3ですが、去年の10月ぐらいに購入をして非常に使いやすくて満足しています。

●スポンサードリンク

アプリのリスト表示は便利

アップルウォッチのアプリ一覧というのは、最初の設定では下の写真のようにグリッド表示という表示になっています。

アップルウォッチのアプリ表示グリッド表示の画像
アップルウォッチのアプリグリッド表示

このグリッド表示だと起動したいアプリを選ぶのに小さいので脳性麻痺の障がいがある僕には少しむずかしいです。

でもこのグリッド表示しかないものだと思っていたので、仕方なく使っていました。

ところがふだんよく観ているYouTube・ユーチューブ動画でアプリの表示方法が下の写真のようにリスト表示に切り替えられることがわかりました。

アップルウォッチアプリのリスト表示した写真
アップルウォッチアプリのリスト表示したところ

この方法を知ったときは衝撃的でした。このリスト表示だとアプリの起動が簡単にできるようになりました。

アプリの表示を切り替えるにはどうしたらいいのか?

安心してください。何もむずかしことではありません。アップルウォッチのデジタルクランを一度押すとグリッド表示でアプリの一覧が表示されますよね。

その状態でアップルウォッチの画面を少し強めに押します。そするとブルっと振動をして下の写真のように「グリッド表示」と「リスト表示」どちらを選ぶことができるボタンが表示されます。

「グリッド表示」と「リスト表示」かを選ぶところ写真
「グリッド表示」と「リスト表示」かを選ぶところ写真

この画面が表示されたらあとは、自分が使いやすいほうを選ぶだけです。これは僕の個人的な意見ですが、この画面を表示させるのに少し練習が必要な方もおられるかもしれません。何度か繰り返しやれば表示させることができるようになると思います。僕が実際にそうでした。

●スポンサードリンク

まとめ

あくまで僕の個人的な意見ですが、最初のほうにも書きましたが、グリッド表示は本当に小さいし、押そうとすると筋緊張が強くなってうまく押すことができませんでした。ですから今回リスト表示という表示があることを知ることができて

本当によかったです。

僕のサイトを通じてアップルウォッチ・シリーズ3やシリーズ4を使っておられる方々のお役に立つことができれば嬉しいです。

おしまい。

applewatch series3・アップルウォッチ・シリーズ3のページへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください