Bリーグ京都対島根

●スポンサードリンク

ぼくヒロヤスの大好きなスポーツであるバスケットボール 日本の男子プロバスケットボールリーグのBリーグでぼくの住んでいる鳥取県のお隣島根県にある「島根スサノオマジック」というチームを応援しております。今シーズンは、所属している西地区で現在1位です。もう既にCS(チャンピオンシップ)への進出は決定しているので、あとは、西地区で残された試合に勝利して、CSに望むのみです。

アウェイ京都戦

2023年4月22日土曜日は、アウェイ(相手の本拠地)での試合でした。アウェイのせいなのか、いつも決まっている安藤選手のスリーポイントシュートがなかなか決まらなくて反対に京都のスリーポイントシュートを含むオフェンス(攻める)方がうまくいって点数をたくさん取られてしまいました。

★スポンサードリンク

リバウンドを取ることができない

バスケットボールには、リバウンドといって、シュートが入らんかったときに、そのボールを取るというプレイがあります。オフェンスリバンドを取ることができれば、島根のセカンドチャンスで攻める回数が増えます。反対にディフェンス(守る)ほうのリバンドが取れないと相手にまた攻めるチャンスを与えることになってしまいます。

そう今日の島根はまさにこの状態でした。

最終結果

最終的には、試合の終盤には、島根の得意なスリーポイントシュートなども決まり始めて底力を見せた島根が京都を79対71で勝利しました。

ここ数試合、リバウンドのうまい「ウィリアムズ・ニカ」選手が怪我での欠場が続いているのと、スターティングメンバーでいつも出ている選手たちに疲労が見えるので少し心配ですが何とか頑張って勝ち続けていただいてチーム史上の最高成績を作ってほしいと思います。

ぼくも出来るだけ毎試合バスケットLIVE(ライブ)の配信を見て応援したいと思っております。

スポンサードリンク

◆スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました