バスケットボール天皇杯千葉が栃木に勝って三連覇

千葉ジェッツの富樫勇樹選手の天皇杯優勝のインタビュー

きょう、バスケットボールの天皇杯決勝戦が行われました。決勝に進んだのは、天皇杯を二連覇している千葉ジェッツとBリーグ初代チャンピオンの栃木ブレックスでした。チームの力は五分五分だと思っていたので、どちらが勝ってもいい勝負になるだろうなと思って観ていました。

最初にペースをつかんだのは栃木ブレックス!

 最初に試合の主導権をつかんだのは栃木ブレックスでした。ふだんの試合では守備・ディフェンスというイメージがある遠藤選手がスリーポイントシュートを決めたりして本当に栃木ブレックスがリードをしていたので、栃木ブレックスが有利に試合を進めていました。

千葉ジェッツの底力を感じた!

 僕は正直、千葉ジェッツに三連覇を達成してほしかったので、千葉ジェッツを応援しながら試合を観ていました。だから最初の栃木ブレックスのシュートが決まるところを観たときは、ちょっとヤバイなと思いました。でも、途中からシュートも決まり始めて、同点に追いたと思ったらまた、逆転されてというのを何度か繰り返していた。千葉ジェッツのほうは、メンバーチェンジをして、ペースを変えようとしていた。ポイントガードPG、ボールをおもに運んでいく選手を交代すると試合のペースが変わって同点や逆転できたりということが、本当に起きる。きょうの千葉ジェッツにはそれが起きていた。

栃木ブレックス田臥勇太選手不在が痛かった!

栃木ブレックスには、日本人初のNBAでプレイをした田臥勇太選手がいるけど、腰痛でBリーグの試合にもここのところ出場していない。きょうの天皇杯決勝戦にも出場していなかった。田臥勇太選手には、やっぱり安定感を観ている僕でも感じる。ポジションはポイントガードで、彼がコート上にいるのと、いないのでは、やっぱり違う。

●スポンサードリンク

それでも本当にいい勝負で延長線にまで試合はもつれ込んだ。最後勝敗を決したのは千葉ジェッツのポイントガードの富樫勇樹選手の試合時間残り数十秒で打ったスリーポイントシュートが決まって千葉ジェッツが天皇杯三連覇を達成した。きょうの富樫勇樹選手は、シュートは決まっていなくて無得点だったけど、最後の最後にはしっかり決めて勝利、そして三連覇に貢献した。そういう意味では、本当にすごい選手だと思う。

千葉ジェッツ天皇杯三連覇おめでとうございます。

千葉ジェッツの富樫勇樹選手の天皇杯優勝のインタビュー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください