島根スサノオマジック対横浜ビー・コルセアーズゲーム2

バスケットボール

今日は、ホーム2戦目の島根スサノオマジックです。松江市に横浜ビー・コルセアーズを迎えました。

昨日のゲーム1 ホーム初戦は、安藤選手と今シーズンから新加入の津山選手のコンボガードでスタートしました。両選手とも得意なスリーポイントシュートが決まっていました。

さて、2戦目の今日は、安藤選手はスターティングメンバーでしたが、津山選手はベンチからのスタートでした。

昨日の第1戦目で苦しめられた、横浜ビー・コルセアーズの河村選手でしたが、今日も河村選手には、そこそこ苦しめられましたね。

パスもうまいし、アウトサイド、インサイドのシュートが決まる確率も高い選手です。さすが、日本代表に選ばれるだけはあるなと感じました。

B.LEAGUE完全ガイド2021-22 (COSMIC MOOK)

新品価格
¥1,320から
(2022/10/9 22:54時点)

島根スサノオマジックも昨シーズン頑張った維持で、今日は、何度かリードチェンジをして、前半を島根スサノオマジック38点、横浜ビー・コルセアーズ39点で前半戦を終わりました。

後半戦も結構点の取り合いで、気が抜けませんでした。

でも最終的には、今日、ベンチからスタートした津山選手もスリーポイントを続けて決めてくれて、安藤選手もスリーポイント決めて、外国人選手も活躍をしてくれて、島根スサノオマジック89点 横浜ビー・コルセアーズ75点で島根スサノオマジックがホーム初戦連勝をしました。いやあ良かったです。

●スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました