脳性まひのコミュニケーションについて

コミュニケーションを取るのが大変!

脳性まひという障がいを持って生まれると、言語障害が出る場合があります。言語障害があると、
人とのコミュニケーション・意志の疎通、自分の想いを相手に伝えることが大変なことがたくさんあります。

言語のリハビリでコミュニケーションの方法を考える!

何とかして自分の意志を相手に伝える方法を見つけるために、言語聴覚士・STさんと言語に関するリハビリをする脳性まひの方もたくさんおられます。僕は、言語障害はなく、人と話すことは比較的できます。ですが、筋緊張の具合で話しやすい、話しにくいというのはあります。筋緊張が高いときは、話すのがとても辛いので、代わりに誰かに話してほしいと思うことはよくあります。

●スポンサードリンク

コミュニケーション補助ツールを使う!

だからといってトーキングエイドというコミュニケーション補助ツールを使うほどではなくて、そういう意味では非常に腹立たしい部分もありす。本当に脳性まひの障がいを持っているとコミュニケーションを取るというのは、非常に大変なことです。

●スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください