脳性まひのコミュニケーションについて

脳性まひコミュニケーション 感じたこと

コミュニケーションを取るのが大変!

脳性まひという障がいを持って生まれると、言語障害が出る場合があります。言語障害がある場合は、
人とのコミュニケーションいわゆる自分の想いを相手に伝えることが大変なことがたくさんあります。

言語のリハビリでコミュニケーションを取る方法を考える!

何とかして自分の意志を相手に伝える方法を見つけるために、言語聴覚士・STさんと言語に関するリハビリをする脳性まひの方もたくさんおられます。

会話している男女のイラスト

 ぼくヒロヤスは、目立った言語の障害はなく、人と話すことは比較的できるほうですが、電話で話すのはすごく苦手です。

 うまく伝えなきゃいけないと思うと、緊張が入ってしまって、余計、電話の相手に伝わりません。コールセンターのオペレーターさんとの電話でうまく伝わらず何度も言い直した経験があります。筋緊張を含めてその日の体調等で話しやすい、話しにくいということはあります。

●スポンサードリンク

 特に大人になってから、筋緊張が高くて体が辛いときは、話すのがとても辛いので、代わりに誰かに話してほしいと思うことはよくあります。

コミュニケーション補助ツールを使う?

だからといってトーキングエイドというコミュニケーション補助ツールを使うほどではなくて、そういう意味では非常に腹立たしい部分もありす。本当に脳性まひの障がいを持っているとコミュニケーションを取るというのは、非常に大変なことです。

●スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました