脳性麻痺麻痺の元気寿命について

元気で過ごせるのはいつまで?

脳性麻痺の障がいを持っている僕の元気寿命はどのぐらいなんだろうとフッと考えることがあります。

脳性麻痺とひとことで言っても、ひとそれぞれで、誰一人同じ状態のひとはいません。

僕は現在34歳で簡易型の電動車いすに乗って生活をしています。

筋緊張を和らげるためにリハビリと薬を併用して何とか筋緊張が高くならずに生活ができています。

二次性障害で日常生活に介助が必要になっている

こどものころは、ハイハイやPCWという歩行器を使って歩いていました。

ですが、中3ぐらいから少しずつ筋緊張が強くなり、コントロールもだんだんとむずかしくなりました。

●スポンサードリンク

そこから筋緊張をどうやって和らげるかということをいろいろと考えるようになりました。

そうしたら、18歳高校を卒業する年齢となって、施設でリハビリをしてもらえるようになりました。

筋緊張もコントロールしてもらって、楽に過ごすことができるようになりました。

現在もリハビリと薬で何とか筋緊張と長いお付き合いをしております。

●スポンサードリンク


いつまで現状維持をして元気で過ごすことができるか?

このブログ記事の本題になりますが、脳性麻痺の身体障がいがあって生活に介助が必要な僕がいつまで現状維持をして、元気で過ごすことができるか?イコール元気寿命ですが、はっきり断言はできませんが、あと20年から30年だと思っています。

僕は、比較的筋緊張が高いです。なので、薬とリハビリでコントロールが必要なこと。

日常生活にかなりの介助がいること、両親の年齢や世の中の福祉や医療制度の問題やいろいろと考えて

20年から30年ぐらいだと思っています。僕は現在で実家で両親と生活しています。

34歳の30年後は64歳です。そのときは施設で生活しているでしょうけど。

とにかくあと20年か30年、悔いのない人生、生活をしたいと思います。
おしまい。


正常発達 脳性まひの治療アイディア 第2版

新品価格
¥4,104から
(2018/12/17 17:59時点)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください