やさしいハンドケア ハンドリラックスパッド

健康

毎日生活の中で「ハンド・手」というのはよく使いますよね。脳性まひの障がいがあるぼくヒロヤスの生活で考えて例を挙げたいと思います。

まず、電動車いすの運転。食事のときに、スプーンやフォークを持つ。 IPhoneの操作やパソコンの操作などなど、本当に挙げきれないほど、生活の中で手を使うことはたくさんあります。

そこで今回は、手のひらにはめるだけ!やさしいハンドケア【リラックスハンドパッド】という商品を ご紹介したいと思います。

手のひらを軽く伸ばし保持することで緊張を和らげて疲労を緩和させることを目的として開発した一般医療機器だそうです。医療機器製造販売届出番号【13B3X10179000005】

休憩中や夜寝るときにリラックスパッドを手にはめるだけ!

やわらかい素材のポリエチレンの 反発を使って適度に手のひらを伸ばすという仕組みです。特に今の時代は、ボクの例でも挙げましたが、パソコンやスマートフォンは、仕事でもプライベートでも本当によく使います。それだけ手をよく使っていると言うことになります。 言い換えると、手はそれだけ緊張状態にあるということになると思います。

リラックスパッドのような医療機器を使って、 意図的に手のひらを伸ばすことで疲れを取る、 リラックスをすることも健康を保つ方法の1つだというふうに思っています。

【リラックスハンドパッド】の詳細については、 下のバナーをクリックして、ウェブサイトをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました