効いていないようで効いている筋弛緩剤

脳性まひのヒロヤスが飲んでいる薬の写真 脳性まひ

脳性まひのヒロヤスにとって筋弛緩剤の役割は?

脳性麻痺(まひ)の障がいを持っているぼくヒロヤスがふだん飲んでいるのは、リンラキサーという筋弛緩剤とロキソニンです。ロキソニンは痛み止めです。

脳性麻痺(まひ)の特徴の1つである筋緊張を緩めるために飲んでいます。この筋弛緩剤を飲み始めて、十数年になります。

少し薬に頼りすぎているかなと思ってはいますが、もう十数年飲み続けているので、飲まないと筋緊張が高くなり、身体が動きづらくなるので、今は毎日飲んでいます。

●スポンサードリンク

筋緊張のコントロールは大事!

生活の中で自分でトイレへの移動、ベッドへの移動などなど筋緊張が高くなるときは常にあります。

この十数年薬を飲み続けていると、薬の効果をあんまり感じなくなっていました。

でも、数日飲まなかっただけで、体の筋緊張はすごく強くなって、疲れてしまったという経験をしました。

知らず知らずの間に筋弛緩剤を飲まないといけない体になっていたことを、十数年の体験で改めて感じました。

龍角散 らくらく服薬ゼリー (スティックタイプ) レモン味(25g×6本)5箱セット

新品価格
¥1,550から
(2022/7/3 21:15時点)

●スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました