脳性麻痺のヒロヤスが受けてきた訓練法

脳性まひのヒロヤスが受けたことのある訓練法は!

僕は、一番最初にボバース法を、ボバース記念病院で受けていました。

主にボバース法、上田法、ボイタ法といった3つの訓練法があります。

今回は、僕ヒロヤスが受けたことのある、ボバース法、上田法について、僕なりに簡単に説明しようと思います。

ボバース法とは?

イギリスのカレル・ボバース医師とベルタ・ボバース理学療法士さんの夫婦が、僕のような脳性麻痺や脳卒中の中枢神経系の患者さんのために考えられた訓練法の1つです。

僕はが生まれてすぐゼロ歳から17歳まで長い間受けてきた訓練法です。

今考えると、筋緊張を緩和してたくさん体を動かして脳に学習させていたのかなと思います。現在も全国各地で、ボバース法の講習会が行われているようです。

ボバース法に関する本のアマゾンリンクを下に貼っておきます。

上田法とは?

1988年に小児整形外科上田医師が脳性麻痺などの患者さんに対して考えられた訓練法の1つです。ボバース法は、体を動かして筋緊張を和らげていくのですが、

上田法は、大まかに言って、足の筋肉を伸ばして、3分位固定して筋緊張を和らげていくという方法でした。地元の療育センターで受けました。

正直、長い間、ボバース法を受けていた僕はビックリでした。いろいろな、方法があるだな思いました。

上田法に関する本のアマゾンリンクを下に貼っておきます

ボイタ法とは?

ボイタ脳神経内科・小児科医が考えられた反射性多動運動を利用した訓練法だそうです。ボイタ法は、僕自身受けたことがありません。なので、ボイタ法に関する本のアマゾンリンクを貼っておきます。

僕の感じること!

今回ボバース法と上田法について僕の感想を書きました。2つの訓練法とも、最終的な目的は同じです。どちらも一定の効果はあるように感じました。僕のような脳性まひ、また脳卒中でまひがある方たちは、筋緊張が高くなってしまうことがあります。この筋緊張を緩和させるのが、ボバース法や上田法といった訓練法です。せっかくいい訓練法があるんだから、もう少しリハビリ(訓練)を受けやすい制度を日本政府につくってほしいものです。

●スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください