車いすの座面は重要!

車いす座面のエアー調節をするところの画像

脳性麻痺や脊椎損傷、頚椎損傷といった障がい持つ人たちは、車いすが移動手段となり正に生活をする上でなくてはならない必需品だ。
1日24時間のうち、日にもよるとは思うけど、6時間以上は車いすに座っていることもザラにある
当然だけど、ずっと座っているとお尻が痛くなる。

「スポンサーリンク」




でも、すぐに横になれる環境が整っているところが必ずあるわけでもないし、
トイレとか移動のことを考えたら、車いすに乗っておこうという選択に必然的になる。
少し前置きがながくなってしまったけど、車いすに長時間乗る上で重要なのは座面だ。
長時間乗っていていても疲れにくい座面を選ぶのは、本当に大事だと思う。
脳性麻痺の立場から考えると座面一つで筋緊張も変わってくる。僕は床ずれにはなったことないけど、
今僕が使っているのは、エアー調節ができる座面を使っている。
エアーを調節することで体の疲れ具合も変わってくるなと実感している。

自分でできる脱肛防止!De-nice(デ・ナイス)は一般医療機器の脱肛防止用器具

おしまい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください