脳性まひのヒロヤスとQOL

QOL・クオリティーオブライフ 生活

QOLって?

QOLとは、Quality of Life(クオリティー・オブ・ライフ)日本語で生活の質という意味です。

脳性まひの身体障がいがあるぼくヒロヤスの(クオリティー・オブ・ライフ)を少し振り返ってみようと思います。

●スポンサードリンク

ヒロヤスQOLは・・・

脳性まひの障がいがあるという診断を受けてから、ゼロ歳からボバース記念病院に母子入院をして、リハビリを開始して、その後2回の足の手術とリハビリを受けて機能改善、QOLも改善したと思います。

12年間の学生の生活を終えて、二十歳となり、お酒もタバコも経験をしました。

学生時代にさわり始めたパソコンは現在もいろいろと勉強中です。

タバコは、値段も高くなったし、体にもよくないので、止めました。お酒は晩酌で楽しんでおります。QOLを維持していくものとっても大変なことです。

パソコンについて

ぼくヒロヤスがあまりひとの手を借りずにできるパソコンは、プログラミングやHTML言語CSS・カスケーディングスタイルシートなどを勉強をしてきました。

パソコンは本当に便利な道具だと思います。これからも少しずつ自分のペースで勉強していきたいと思っております。

リハビリとADLについて

リハビリは、今の機能を維持していくために、必要なので続けております。ADL・日常生活の動作も細かく言えば、年々やり辛くなってきている動作はありますが、リハビと手すり使うことと、薬でなんとか、大きく崩れることなく過ごすことができております。アラフォーを迎えてからは、十代のときや、二十代のときと比べて、中年のオッサンとなったぼくヒロヤスもいろいろ考えることがありますが、大きく崩れることなく、できるだけ長く元気で過ごしていきたいと思っております。

●スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました