脳性麻痺の僕と治療

脳性麻痺という診断されたら!

僕は未熟児で生まれました。その結果脳性麻痺と診断されました。
診断されてすぐ、ボバース記念病院で早期に母子入院し、リハビリを受けました。

早期からリハビリが長期的に見て、ADL(日常生活動作)向上歩行等にも
非常に大事だということで、リハビリテーションと足の手術を2回してもらいました。

泣きながらリハビリ!

子供のころからのリハビリは、将来を少しでもよくするために、1人でときには泣きながら入院して頑張っていました。

今年35歳になる僕だから当時を振り返ってこうして文章にできます。
当時は、PCWという歩行器で歩くのがメインでした。ボバース記念病院を含めて、子供のときは、たくさんのPT(理学療法士)さん、OT(作業療法士)さん、看護師さんにお世話になって治療をしていただきました。

●スポンサードリンク

脳性麻痺は大人になっても治らない!

脳性麻痺は大人になっても基本的には治りません。むしろ大人になってからが脳性麻痺は大変です。
年齢をかさねていくことによって、過緊張、脳性麻痺の僕の場合で言えば、筋緊張が強くなってきます。
 その筋緊張を和らげるためには、筋緊張がなるべく高くなりにくい姿勢をとったり、または筋弛緩剤を飲んだり、場合によっては、ボトックスの注射をする。

今書いたようなことと同時に大事になってくるのが、機能維持のためのリハビリテーションが必要になってきます。今年35歳になる今も、機能維持のためのリハビリテーションをしていただいています。

●スポンサードリンク

そういう意味では、生まれてから34年間リハビリテーションは継続して受けさせていただくことができています。恐らく脳性麻痺の僕にはリハビリテーションはずっと必要だと思っています。そういう意味では、ずっと治療が必要です。

立つ・歩くことを考えた脳性まひ児のリハビリテーション―運動機能獲得へのアプローチ

新品価格
¥2,916から
(2019/7/29 19:01時点)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください