脳性麻痺 大人

脳性麻痺の障がい児が(者)大人になったら

現在アラフォーの脳性麻痺の障がいを持っている大人の僕ヒロヤスです。

脳性麻痺という障がいは、生まれつきの障がいです。

原因は・・・?

脳性麻痺なってしまう原因は、

母親のお腹いるときに、脳に何らかの損傷を受けてしまって、

身体に障がいを持って生まれます。

脳性麻痺の障がいは治ることはなく、一生です。

そのまま大人になります。

大変なのは大人になってから!

脳性麻痺の障がいは大人になってから大変です。

これは僕がアラフォーの大人になったから言えるんですけど、

今の日本の福祉制度には、制限が多いからです。

子どものときは、療育センターやリハビリ専門病院で、

手術やリハビリをやってもらってきました。
 

正直に言って子どものころは、「何でこんなことをしなきゃいけないんだ?」と思っていました。

7歳から18歳まで!

 学校は、特別支援学校でした。小学部から高等部まで12年間過ごしました。


特別支援学校では、社会に出てから困らないようにということで、

いろいろと勉強もしました。実際役に立ってるかというと微妙ですけどね。

結局養護学校は、教育なので、なんでも教育という位置づけになって、

登校してから下校するまでの時間をそれとなく過ごしていた12年間だったかなと思います。

●スポンサードリンク

教育と福祉制度との違い?

さっきの文章にも少し書いたんですけど、学生の間12年間は、


教育という位置づけで、たくさんの先生にお世話になりました。

 特別支援学校を卒業してから、いざ自分が福祉制度を使う立場になってみると、


制度って限界があって、使いにくいなと感じることが多いです。

今も感じているんですけど、使えそうで使えなかったり、行くことができる、


公共施設や福祉施設が限られてしまうということです。

理想と現実の・・・

理想と現実ギャップを日々感じていて少しもどかしいですが、でも時間は戻すことができないので、頑張って今を過ごしていくことが大切だと思っています。

●スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください