脳性麻痺の僕とPT・OTさんとの関係

脳性麻痺の僕とTP・OTさんとの関係は!

PT・理学療法士さんやOT作業療法士さんは、訓練・リハビリをしてもらうひとです。僕は子供のときからリハビリを受けていると、訓練・リハビリは怖くて痛くて、嫌なものでした。子供のときから訓練・リハビリが好きな子は多分いないとは思いますけど。というようなことから、PTさんやOTさんは怖い人というイメージが子供のときはありました。

●スポンサードリンク

大人になったらPT・OTさんとの関係や関わり方も変化した!

脳麻痺の子供は早期から訓練・リハビリが必要だということでずっと泣きながらも頑張っていました。でも、脳性麻痺の症状の1つである、筋緊張というものは、年齢を重ねるとどんどん強くなっていきます。なので、機能回復の訓練・リハビリではなくて、筋緊張の緩和や現在の機能を維持していくための訓練・リハビリというものが生きていく限り必要です。幸いなことに僕は何とか継続して受けることができています。子供のときから、受けている影響もあってか筋緊張の状態を含めて自分の体の状態がPTさんやOTさんに自分なりに説明ができるようになりました。それからは、PTさんやOTさんは怖い人というイメージはなくなりました。訓練・リハビリを受ける側もしっかり自分の体の状態を理解してPTさんやOTさんに相談をするということはとっても大事なことだなとここ数年特に思います。

●スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください