脳性麻痺のヒロヤスとタバコ

脳性まひのヒロヤスは、タバコを二十歳から28歳ぐらいまで吸っていました。当時通所していた、施設にいたおじさんたちがタバコを吸っていました。

試しに・・・

仲良くなったおじさんもタバコを吸っていたので、試しにノリで「1本ちょうだい」と言って、もらって吸ってみたのが最初です。

最初は、味がどうこうというよりも、ムセて大変でした。でも、回数を重ねると、ムセなくなりました。頭もクラクラしなくなりました。おじさんにもらってばかりも悪いので、自分で買うようになりました。

●スポンサードリンク

当時は安かった!

僕がタバコを初めて買ったときの値段は240円ぐらいでした。なので、1,000円札を入れて3箱買うことができていた時代でした。

【再入荷】iPPUKU RELAX 茶葉スティック ブラックメンソール 【3箱セット(1箱20本入り)】禁煙用スティック《日本初!火を点けて吸う100%茶葉スティック 嫌な匂いを軽減 甘みを極限にまで抑えた高刺激のメンソール 最高峰の刺激 》ニコチンゼロ タバコ代用品 禁煙サポート

新品価格
¥1,320から
(2022/5/25 21:41時点)

 火の始末のことがあったので、自宅の自分の部屋では吸っていなかったので、1日の吸っていた本数は3本ぐらいでした。

なので1箱結構な日数もっていました。もうあれから15年近くが経ちます。今は、施設をやめるのと当時に、タバコもやめました。1箱の値段も高くなったし、身体にはよくないので、きれいさっぱりタバコはやめました。でも大人としての貴重な経験をすることができたと思っております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください