脳性麻痺のヒロヤスの入院

生まれたのは・・・

僕ヒロヤスは、大阪府で未熟児で生まれました。一般の子供と比べて、なかなか歩かなかったらしく、保健センターなどへ相談に行ったそうです。

リハビリ入院

そこで診てもらったOT(作業療法士)さんから成長に遅れがあると感じられたようで、それでボバース記念病院というリハビリ専門の病院を紹介されて、脳性麻痺と診断されました。
それから僕ヒロヤスのリハビリ生活がスタートしました。

●スポンサードリンク

早期にリハビリを開始!

早期リハビリが必要ということで、ボバース記念病院を受診して脳性麻痺と診断されて、それから母親と母子入院をしてリハビリを受けていました。

3歳半で鳥取へ戻り、その後も鳥取の施設やボバース記念病院でリハビリを継続してリハビリを受けていました。

8回ぐらいリハビリ入院した!

その後も、もう1回母子入院をして、5歳と11歳のときに手術とリハビリのために、一人で入院をしました。その後も地元の鳥取県立総合療育センターでもリハビリ入院しました。

最後に!

僕の入院は手術とリハビリがメイン入院でした。少しでも、大人になってからのADL(日常生活動作)QOL(生活の質)の向上を目的にした入院でした。

 アラフォーになった僕ですが、子供の頃より、大人になってからのほうが子供の時と比べたら機能の維持というのは、もっともっと難しくて、大変だなと日々実感しております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください