脳性麻痺の僕とワンタイムキー

ワンタイムキーとは何か?

おもにインターネットバンキングで振込をするときに毎回違う数字やアルファベットが発行されるというものです。要するに口座を乗っ取られないようにするためのセキュリティ対策です。

脳性麻痺の僕には、ワンタイムキーは大変!

最近自分のお金を管理するのにインターネットバンキングを使っています。Aamazon・アマゾンや楽天市場での買いものに楽天のデビットカードをよく使っています。

●スポンサードリンク

その楽天のデビットカードにひもづけられている楽天銀行の口座にお金を振り込むときに、毎回ワンタイムキーの入力が必要なんです。楽天銀行だけじゃなくて、多分、どこのインターネットバンキングを使ってもワンタイムキーは必要になると思います。このワンタイムキーには有効な時間が限られていることが多いです。振り込む額や口座を選択がうまくできてホッとしたら、ワンタイムキーの入力が出てくるんです。毎回「もー!」って思います。メールをチェックしてワンタイムキーを入力しています。まあ、口座を乗っ取られるよりはマシだと思って割り切っていますが、脳性麻痺の僕には大変です。

●スポンサードリンク

おしまい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください