脳性麻痺が題材の映画「パーフェクト・レボリューション」

脳性麻痺が題材の映画ができた!

僕の障がいである脳性麻痺が題材の映画「パーフェクトレボリューション」をAmazon・アマゾンのプライムビデオで観ました。脳性麻痺当事者を演じていたのは、リリー・フランキーさんでした。

ストーリーは・・・?

リリー・フランキーさんが演じる脳性麻痺当事者が障がい者の性について本を書いたというところからスタートしていました。そのような本を書いたことでファンができて、そのファンというのが精神障がいがある女の子でした。年の差カップル誕生でした。

脳性麻痺を含む障がい者の恋愛や性について

長年、障がい者の恋愛や性・セックスや結婚というのは、タブー、暗黙のルールで触れてはいけないことだとされてきました。

●スポンサードリンク

まだまだ理解されにくい部分というのはたくさんあります。ですが、少しずつ社会的に理解が広がっていて、もっともっとこの「パーフェクト・レボリューション」のような映画がつくられてほしいし、今回僕もこの映画を見て僕の障がい脳性麻痺の恋愛や性、そして結婚について理解していただきたいと思いました。

Amazonプライムビデオ


豊富な映画やテレビドラマがアマゾンのプライム会員なら見放題!しかも追加料金入りません。30日無料体験もあります。今回紹介した「パーフェクトレボリューション」も含まれています。

パーフェクト・レボリューションのアマゾンリンク


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください