脳性麻痺 連合反応

ヒロヤスの顔

日常生活の中で筋緊張を和らげて、ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の向上や、維持をしていくのが脳性麻痺の障がいがある僕にとっては、とっても大切なことです。筋緊張を和らげることによって、連合反応も和らげることもあると思います。

●スポンサードリンク

連合反応とは?

例えば、手を伸ばして何かを取ろうとすると、足に筋緊張が入ってしまうということです。僕の場合、言語障害は、ありませんが、話そうと思うと、体のいろいろなところに筋緊張が入ってしまいます。かなり辛いものです。この連合反応が強くなると、クローヌスも出てきます。

この連合反応ともうまく付き合っていくことも、僕は、非常に大切だと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください