身体の疲れが取れて朝までぐっすり眠れる枕「YOKONE3」

身体の疲れが取ることはとても大事なこと

ヨコネ3の画像

脳性麻痺の障がいがある僕は常に筋緊張が入っている状態が続いているので、何をしても健常者の方の倍は疲れてしまいます。唯一筋緊張が入っていないときは、寝ているときといってもいいかもしれません。僕枕はどちらというと、苦手なほうです。なぜかというと、僕は、横向きで寝ることが多いんですけど、枕を使って寝ていると、横を向いたときに枕がズレてしまうからです。

なぜ枕が寝るときに枕が必要なのか?

僕なりにいろいろ調べてみました。そうしたら、頚椎を支えるために枕が必要なんだそうです。枕がないと頚椎を支えることができないんですね。僕も枕なんて必要ないやと思っていたほうなので、改めて枕が人間にとって必要なものなんだと今回調べてみてわかりました。

どういう枕を選んだら良いのか?

寝ているときに腰や頭にかなりの体重がかかっているみたいです。自分にあった枕を使わないと、首や肩、腰を痛める原因となってしまうといわれています。また、イビキや睡眠時無呼吸症候群を引き起こす可能性もあるそうです。どの症状も発症すると恐ろしいですよね。そこで今回オススメする枕が横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)です。

YOKONE3のいいところは?

横向きになって寝るとイビキの解消になったり、睡眠時無呼吸症候群の予防、なにしろ身体の疲れが取れて朝までぐっすり眠れて仕事もはかどるいいことばかりの枕YOKONE3・ヨコネ3です。首のストレッチ機能付きの横向きに寝る方のことを考えて開発されたのが、「YOKONE・ヨコネ3」です。

YOKONE3製品概要

サイズ:縦47センチ 縦65センチ 高さ12センチ 重さ2キログラム

色と価格:黒税抜き18,000円 白税抜き18,000円

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください